ABOUT

公演について

INTRODUCTION

ビゼー、ドヴォルザーク、モーツァルトの音楽で綴る究極のラブ・ストーリー。
ミュージカル『オペラ座の怪人〜ケン・ヒル版〜』、5年ぶりの来日公演!

ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」初のミュージカル化として、アンドリュー・ロイド=ウェバー版に先立つ1976年に初演された本作は、改訂を経た84年以降、世界各地の『オペラ座』ファンを魅了し続けてきたミュージカル・ドラマだ。ビゼー、ドヴォルザーク、グノーらの珠玉のアリアを劇中にちりばめ、ケン・ヒル書き下ろしの歌詞に乗せて紡がれるストーリー。ユーモアさえ感じさせる巧みな人間描写も見どころとなり、<愛するが故の悲劇>が色鮮やかに描かれる。

日本で25万人が歓喜した ケン・ヒル版『オペラ座の怪人』とは 日本で25万人が歓喜した ケン・ヒル版『オペラ座の怪人』とは
ケン・ヒル版『オペラ座の怪人』とは
<ロンドン・フリンジの鬼才>と呼ばれた劇作・演出家、ケン・ヒル(1937〜95)。彼が生んだ大ヒット・ミュージカル『オペラ座の怪人』(76年初演)は、84年の改訂を経て母国イギリスをはじめ、アメリカ、カナダなどで上演。91年のロンドン凱旋公演ではオリヴィエ賞最優秀ミュージカル作品賞/演出賞にノミネートされた。日本では92年から2013年の間、5度にわたり来日公演が行われ、25万人以上を動員している。
もう一人のファントム
『オペラ座の怪人』といえば、2004年に映画化もされたサー・アンドリュー・ロイド=ウェバーのバージョンが有名。実はこのケン・ヒル版、ロイド=ウェバーが同作を手掛ける原点となった舞台としても知られている。
84年にケン・ヒル版の評判を聞きつけてロンドン公演を観たロイド=ウェバーと製作者サー・キャメロン・マッキントッシュは、ヒルにアプローチ。実際に新たな『オペラ座の怪人』創作に向けたコラボレーションが動き出すところまで話しは進んだという。(その後、ロイド=ウェバーは自らの作曲でオリジナル版を手掛けることになり、2年後の86年にロンドンで初演を迎えた。)